和食器を販売する和食器通販の【おかずのうつわ屋・本橋】・普段使いできる形と値段の器です。

上へ

今、人気のお品はこちらです

1位オケクラフトスプーン

2位しのぎ皿大中3色

3位5寸カンナ鉢

4位槌目のカトラリー

5位粉引きシチューパスタ鉢

6位8角小皿・華小皿

7位木瓜鉢2色

8位織部カレーパスタ鉢

9位お気楽多用鉢

10位コースター

おかずのうつわ屋・ 本橋「新商品一覧」

5寸カンナ鉢

カンナ鉢カンナ鉢
カンナ鉢
 
  • 5寸カンナ鉢
  • 1998円(税込)
  • 約径15.5深さ5cm 重さ290g 
  • ※1客毎に異なりますので、あくまでも「目安」です。
帯状にぐるりと刻まれた線文様は固めに乾燥させた小鉢をロクロ に乗せ、回転させながらハガネの先をあてることによって出来る、「飛びカンナ」といわれる小石原谷焼の 代表的な技法です。これがとっても小粋な感じです。

形は平鉢で、ちょうど一人分の煮物とかおでん、なんかを盛るのに手頃な大きさです。我が家ではこれでシチューやカレーを頂くことも多いです。小さい!とお思いでしょうが、意外にちょうどいんですよ。古風な感じの器にシチューってレトロな感じで「花柄の器にシチュー」よりはるかに似合う・・・と常々思う女将です。地の色はやや黄色〜ベージュがかった感じです。写真よりややベージュの色が強いです。但し、このあたりはお使いのPCのモニターによっても色の出方が変わりますし、焼きあがり毎に異なりますので、小石原の焼き物の味わいとお考えください。

※*2005/9月よりカンナの入り方が変わりました。以前より優しい雰囲気になりました。以前にお買い求めで追加される方はご注意ください。仕上がりは1客毎に異なります。ご了承の上、ご注文くださいませ

カンナ鉢カンナ鉢
3.5寸のカンナ小鉢/4寸カンナ鉢と組み合わせるとこんな感じです。どちらも料理映え・使いやすい大きさという点では抜群です。


blogでご紹介いただきました♪

お買い上げいただいたお客様がとっても素敵なblogでご紹介いただいています。すごくお料理上手な方で見ていて女将もうっとり・・・。 是非ご覧くださいね! →
 Terrace Mansion Story

お客様のお声です

何を盛付けても様になります。何てことない生麩田楽も上品に見えます◎白い器がほとんどの中でいい雰囲気を出してくれます。
奧に見えるのはもう随分前に購入したお気楽多様鉢。これも同様、万能皿です。今回はちょっと苦味のある京野菜のミブナを使って、ゴーヤならぬミブナチャンプルにしてみました。
sumiさまより
カンナ鉢

 


 

●主人のビールのアテです。たまたま炒めと呼んでいます。 たまご、たまねぎ、くうしん菜、スナップエンドウをさっとオリーブオイルで炒めて、塩にんにくしょうゆで 味付け。こんな簡単すぎる料理も、このうつわに盛ると、なんかいい感じなんです。 すごく使いやすくていいうつわ。 最近のカフェっぽいうつわ、なんとなく自分の好みではないです。 料理ベタ、盛り付けベタをカバーしてくれないような気がする。。。。 ^

カンナ鉢

 


 

東京/ひめさまより
先日は、「この器にシチュウ」とのアドヴァイスをありがとうございました。早速来客のときに、ビーフシチュウを作って盛ったところ、ほんとうに予想以上にぴたっときました。大きさといい、色具合といい、厚みといい、「そうか!」と大喜びです。やっぱりマル大窯の器はイイですね〜!深い色合い、確かな技術、日常使いしてもビクともしない丈夫な作りのマル大窯さんの器がとても好きです。中でも、このカンナ鉢は四季を問わず重宝しています。

「きのこのみぞれ和え」
1、お好みのきのこ(しめじ、ひらたけ、えりんぎ、しいたけなど)ととうもろこし、いんげんを、じっくりと網焼きする。とうもろこしはお醤油を塗りながら焼く。
2、焼きあがったきのこは、お醤油少々をまぶしておく。とうもろこしは粒をほぐし、いんげんは小さく切る。
3、軽く水気を切った大根おろしと2をポン酢で和える。お好みで一味唐辛子をふる。カポスを絞って召し上がれ。
※サンマの塩焼きなどに添える小さな一品です。


カンナ鉢

 


 

●思ってたよりも深さがあって、たくさん盛れますね。この深さの器は初めてなので、なんだか使うたびに新鮮です。毎日なにかしらに使えます。とてもいい発見でした。すてきな器がたくさんあって、ちょくちょくホームページをのぞいて楽しんでいます。まだまだほしい器があるので、また利用させてください。
「 しいたけと長ネギのさっと煮 」
切ったしいたけと長ネギを油で炒めて、しなっとなったら、しょうゆと酒(同量くらい)をお好みで入れて、混ぜて出来上がり。
カンナ鉢

 


 

●こちらで初めて器をお願いしてもう3ヶ月くらいたちました。
以来、毎日のように使わせていただいております。最近、なすを頂いたので、「なすレシピ」を・・・。
「海老となすのエスニック和え」です。
レシピは なすは皮をむいて縦2つに切り、塩水につけアクを取ります。水を捨ててポリ袋に入れレンジで4分加熱。 冷水にとって冷まし水気を絞って2〜3つにさきます。 えびは背ワタをとって、酒を少し入れた湯でボイルして冷ましておく。 ボウルにみじん切りのしょうが、にんにく、長ネギ、ラー油小さじ1、ナンプラー大さじ1、レモン汁大さじ1、水大さじ1を入れよく混ぜる。 冷蔵庫に入れて良く冷やし、食べる直前にピリ辛ソースで和え、器に盛る。

カンナ鉢

 


 

●主人もお気に入り!和洋中どんなお料理を盛りつけても、おいしそうに見える器ですね。ひとり分のハンバーグと付け合わせを盛りつけたり、カレイの煮物を盛りつけたりするのにもちょうどいい大きさ。鉢としてだけでなく深皿としても使えて、届いて以来毎日と言っていいほど、使 わせていただいています。
写真では、普通の「たらこパスタ」を盛りつけてみました。ほんとう に普通のたらこパスタなのでレシピらしいものがないのですけれども、 隠し味にレモンの絞り汁、具にみょうがの千切りを入れるのが我が家風です。夏でもさっぱり食べられます。

カンナ鉢

 


 

●カンナ皿を購入しました。とっても料理がおいしそうに見える器で大満足♪
毎日食卓に登場します。 写真は竹の子の味噌煮です。私の住む北海道では竹の子と言えば姫竹 (ねまがり竹)です。 春先に沢山採ってきて塩漬けにしておき、一年を通して食べます。 調理法はいたって簡単で、竹の子に味がしみこみやすいように縦に切り込みをいれ 油でちゃっと炒めてから水をひたひたになるくらい入れて、味噌と砂糖とお出汁で味つけ をします。あとはことことひたすら煮るだけ! 今回は和食でしたが、洋食にも合いますね^^。 まだまだほしい器があるので、少しづつ集めていこうと思ってます。

カンナ鉢

 


 

● 五寸カンナ深鉢は、画面で見るより何倍もいいですね〜。主人 もすごくほめてくれました。 飛びカンナがとてもきれいだし、表の微妙なベージュ色と裏の 濃い色のコントラストが美しいし、深みがちょうどよくて、安 心できる感じです。 こんなにステキなのだったら……と、うりんこ(小さいほう) もほしくなりましたー。そのときはまたお願いします。 白子ポン酢を盛りました。 普段使いには丁度良い大きさ&落ち着き感だと思います。

カンナ鉢

 


●飛びカンナは大好きで何種類か持っているのだけれど、この5寸鉢はひと目ぼれ。予想通り、この深さは料理がとっても映えて大満足です。ただの煮浸しがお上品な一品になりますね。
写真は里芋の梅肉あえ。クックパッドのレシピですが、つぶした里芋を、梅肉と鰹節、すりごま、お醤油であえています。サラダ感覚で美味しいですね。

カンナ鉢

 



カンナ鉢

下に購入数を入れ、「買い物カゴへ」ボタンを押してください。

五寸カンナ深鉢

商品番号:10031998円(税込)

購入数


  • ご注文についての詳細はこちら
  • 上の「買い物カゴ」が作動しない場合はこちらからどうぞ

マル大窯の器

  • 4寸カンナ鉢4寸カンナ鉢
    3.5寸では小さいけど5寸ほど大きくなくても・・・という微妙なリクエストにお応えします

中鉢

  • ミニ楕円楕円鉢・白ミニ楕円楕円鉢・白
    この器も一見小さく見えますが、しっかり入ります。ごく普段のお惣菜が新鮮に見えます
  • 志野十草飯碗志野十草飯碗
    「花びら」という印象です。ひらりとした柔らかさはガラスならでは。
  • 独歩炎・輪花中鉢・黒釉独歩炎・輪花中鉢・黒釉
    使いやすいサイズの中鉢。煮物にもサラダにも。
  • 刷毛5寸鉢刷毛5寸鉢
    グレーがベースの刷毛。地味ですがとても風合いのある雰囲気、しかも使いやすい大きさです。
  • 大賀・モノクロ平鉢大賀・モノクロ平鉢
    中は黒、外は白、クールだけど温かみもある器です。
  • 粉引きしのぎ平小鉢粉引きしのぎ平小鉢
    麺鉢やパスタ皿まで大きくなくていいけど、小鉢だと小さすぎる・・・という時に!
女将に質問!相談!?
 「引き出物にはどれがいい?」
 「結婚のお祝いなんだけど・・・」
 「年輩の方にぴったりの器ある?」
 「これ、2客組にならない?」
 「新婚生活に必要な和食器はどれ?」「やきものや和食器ってよくわかんないけど・・・」etc。
 なんでもご相談ください。他にも配送のことなどちょっとした疑問もお待ちしてます。
お名前
メールアドレス 半角で
質問!
おかずのうつわ屋 本橋 実店舗のご案内 姉妹サイト モリンガ・リーフ・ジャパンのご案内

ページトップへ

掲載写真・コラム等の著作権は「おかずのうつわ屋・本橋」に属します。無断引用・掲載はお断りします。